MENU

子供鉄分不足はどのようにして解消すればよいのか?

子供も鉄分不足になれば貧血を起こしてしまったりと体や成長に色々支障が出てしまう事もあります。

 

お母さんは子供の鉄分不足を解消しようと食事に工夫をしたり、いろいろな方法を試して四苦八苦していることが多いようです。ですがこの世代の子供を育てているお母さんは毎日忙しく、その中でビタミン類だけでなく鉄分にまで気を配って食生活を整えていくのは大変です。

 

そのため多くの人が子供用サプリで鉄分を子供に摂らせています。

 

それはともかくとして、今回は子供の鉄分不足解消方法に関する情報や、鉄分不足を改善・予防するための工夫、要注意な貧血の情報などについてお伝えできればと思います。

 

<赤血球に含まれるヘモグロビン!生成するには鉄分が必要不可欠>

 

ひとまとめに貧血と呼ばれていても、貧血には様々な原因があります。ですが子供に多く見られるのは鉄欠乏性貧血です。貧血は何故起こるのでしょうか?

 

人の体内では絶えず血液が全身を巡っています。その血液中の成分である赤血球が不足すると血が薄くなってしまいます。そしてこれが貧血の原因になるのです。赤血球に含まれているヘモグロビンは、酸素や栄養素を全身に運ぶのに欠かせない物質です。

 

このヘモグロビンを生成するには鉄分が必要不可欠なのです。と言う事は、体内に取り入れる鉄分が不足してしまうと鉄欠乏になり、ヘモグロビンが作り出せないという事になります。

 

鉄分は一部のビタミンのように不必要な分をすぐ体外に排出してしまう栄養素とは違ってある程度体内に蓄積される栄養素です。しかし成長期にはなにかと鉄欠乏が起こりがちで、貧血や体に気になる症状が現れてしまう事がしばしばあります。

 

下記のような症状が現れたら鉄分不足に陥っている可能性があります。

 

・顔色が悪い
・疲れやすい
・めまい・動悸・息切れ
・集中力や記憶力が低下してしまう
・爪が反り上がる
・身長や体重が増加しない
・急に椅子や床から立ち上がると立ちくらみがする

 

<子供の鉄分不足が起きるタイミングや原因>

 

子供の鉄欠乏による貧血は、成長段階ごとのタイミングで色々な原因が絡んで起こります。

 

例えば赤ちゃんの場合はフェリチンという貯蔵鉄を体内に蓄えて生まれてきます。しかしフェリチンは生後6か月もすると消費しきってしまうのです。

 

母乳や粉ミルクにも鉄分が含まれているものの、赤ちゃんの成長に合った充分な量でないので、母乳や粉ミルクの質によっては貧血気味になる可能性があります。誕生した際に低出生体重児だったり、妊婦さんが貧血だった場合も貯蔵鉄が少ないまま生まれてくるので貧血のリスクが高まってしまいます。

 

上記は赤ちゃんを例に挙げましたが、子供が成長していく過程で度々鉄欠乏が起こりがちになる事が多いようです。

 

<牛乳は子供の成長に良いという間違った認識…牛乳貧血に注意>

 

牛乳を飲むと背が伸びる・牛乳にはカルシウムが多いから骨を丈夫にする…。

 

確かに牛乳には様々な栄養素が含まれているので、過度に飲みすぎなければ大丈夫です。しかしまだ体が未発達の乳幼児期には牛乳を飲ませる量にも気を付けなければなりません。

 

一般的には乳幼児期の子供の鉄分不足は、母乳やミルクから離乳食を食べ始めるようになる事で偏食や好き嫌いなどが出始める事と、一度にたくさん食べられない事、そして免疫力が低下し始める頃なので様々な感染症にかかる事が増え、その結果鉄分の消費量が高まる事が原因で起こります。

 

働かなければならないお母さんは子供を保育園に預ける人も多く、保育園に預ければ余所の子からの感染症もかなり多いため、鉄分不足に陥りがちです。

 

このような事が原因で鉄分不足に陥るケースは非常に多いですが、中には乳幼児期の早い段階で牛乳を大量に飲みすぎてしまう事で牛乳貧血が起きてしまうことがあります。牛乳を飲みすぎると牛乳に含まれているカルシウムが鉄分の吸収を妨げてしまうのです。

 

それではどれくらい牛乳を飲みすぎると牛乳貧血が起こってしまうのかと言えば、これは子供の年齢や体質など、個人差があるとしか言えません。1歳以下に牛乳を与える人はそこまで多くないと思われますが、乳幼児期に与える牛乳の量は気を付けておかなければなりません。

 

子供がある程度大きくなってからも、背を伸ばしたいがために牛乳をガバガバ飲むような行動をさせないように注意しておきましょう。

 

牛乳も適量飲めば体に良いですが、過ぎた量を飲めば体に毒です。ですが牛乳貧血を気にするあまり、子供に牛乳を飲ませないのもまた問題です。小学生位になれば給食で牛乳が出ますが、それくらいの量を小学生で摂取するのであれば問題ないと考えて良いでしょう。

 

<思春期の子供が貧血を起こす原因!ダイエットや偏食・そして…>

 

思春期になると小さな頃には気にならなかった自分自身の事がものすごく気になってしまうようになります。そのため少々太っていたり足が太い事を気にするようになると、無理なダイエットをしてしまう子供が多く見られます。

 

最近ではインターネットの普及のおかげで無理のないダイエット方法などの情報も入手しやすくなってきましたが、それでもなお食べなければ痩せると思い込んでいる人や、サラダばかり食べていれば痩せると思い込んでいる人も多いものです。

 

無理なダイエット方法として食べないダイエットを選択してしまうと、貧血を起こす原因となります。

 

更に悪い事に、この時期は男女ともに体が爆発的に成長する時期です。体に大きな変化が現れ、鉄分をより必要とする時期に入ります。男の子は骨や筋肉が成長するため、鉄分やカルシウムが大量に必要になりますし、女の子は生理が始まるのでそれに伴って鉄分不足に陥りやすくなります。

 

自分のコンプレックスについて気になり始め、ダイエットなどに興味が出てくる頃と成長に伴う鉄分などの大量消費が重なっているのです。

 

この時期の子供が無理な食事制限をしてしまうと、上記のような原因から鉄分不足に陥って貧血になってしまうリスクが高くなってしまいます。

 

更に小学校とは違い、この時期の子供が本格的に始めるのが部活です。スポーツの部活に入っている子供は男女共にスポーツ貧血に注意しなければなりません。毎日激しい運動を繰り返していると貧血になりやすくなり、この症状に気付かないでいると重症化してしまう事もあります。

 

また、小学生の頃より中学生、中学生の頃より高校生の方が貰えるおこずかいも増え、行動の自由度も増えてくるものです。思春期になると友達と外食する機会が多くなります。学校帰りに寄り道してジャンクフードやファーストフードを食べる事も多くなってきます。

 

栄養バランスがとれていないこれらの食生活が更に鉄分不足を増長する可能性もあります。

 

この時期は特に食事のバランスに気を使い、栄養をしっかりと摂る事が望ましいです。給食では一応栄養バランスがとれていますが、家庭でもきちんと配慮してあげる必要があるでしょう。

 

特に親が仕事をしていて帰宅が遅いと、夕食前にカップラーメンやお菓子を食べて待っている子供も多く見られます。これが栄養バランスの乱れにつながる事もあるので気を付けなければなりません。

 

<鉄分を多く含む食材は子どもの嫌われ者>

 

子どもの鉄分不足を補うためには、毎日鉄分が多いとされる食材を食べさせる事が大事です。鉄分には種類があり、ヘム鉄と非ヘム鉄がそれにあたります。ヘム鉄の方が鉄分の吸収率は良いのですが、ヘム鉄を含む食材で有名なのがレバーです。

 

レバーは学校給食でも嫌われ者食材のワースト10には入る食材で、これを読んでいる方の中にはその昔牛乳で無理やり流し込んだ人もいるのではないでしょうか?また、レバー以外では牛もも肉やあさりなどに鉄分が多く含まれています。

 

しかしどちらも毎日食卓に上らせるのは金額面やその他の問題から少々難しい食材です。

 

それでは非ヘム鉄が多く含まれている食材を食べさせようとすれば、こちらは小松菜・ホウレンソウ・ひじきなどに多く含まれています。野菜嫌いな子供や偏食がひどい子供の場合はこちらも食べさせるのが大変です。また、これらの食材をしっかりと食べさせるためには調理に工夫しなければなりません。

 

夫婦共働きで栄養価がきちんとした食事を毎日作るのは大変なので、子供に鉄分やカルシウムが不足していると感じている人の中には子供用のサプリメントで補給させているという人もたくさん存在します。

 

実際そういった人達の意見を聞くと、自分の料理するものではどれくらい鉄分やカルシウムが含まれているかわからないので、子供が貧血気味の時に間違いなく鉄分を摂取させてあげられるサプリメントは逆に安心できるそうです。もちろんこればかりではなく日々の食事も大切なので、できるだけ食事に気を配ってあげましょう。

 

<子供の鉄分不足を改善・予防する方法>

 

子供の鉄分不足を改善・予防する方法ですが、これは簡単に言ってしまえば鉄分不足を解消するために鉄分が含まれている食品を摂る以外にありません。まずは食事内容を見直し、栄養バランスのとれた食事をさせる事が大切です。

 

しかし子供のうちは味覚が発達していなかったり好き嫌いがあったりするものです。鉄分が多く摂取できる食材は子どもの舌にとって魅力的でないどころか、むしろ食べるのが苦痛である事もしばしばです。

 

そのため調理方法をいくら工夫したところで子供に食べてもらえず、うまく鉄分を摂取させてあげる事が出来ないケースがあります。

 

ただ、ここで無理矢理食べさせようとしたり、高校生ならお弁当に本人が嫌がっているものばかりを詰めたりするのはNGです。この方法ではたとえ鉄分を摂らせる事に成功したとしても色々な面で教育に悪いと思われます。

 

まずは鉄分が多く含まれている食品をいくつか食べさせ、子供が食べられる食材を見つけてそれをうまく生かしていくようにしましょう。また、食べられなかったものも食材の質や調理方法によっては食べられる可能性もあります。

 

偏食がひどく好き嫌いが多い子供の場合は目に余るようならば好き嫌いを無くす努力も必要ですが、必要に応じて子ども用のサプリメントで必要な栄養素を補いましょう。

 

鉄分の吸収を効率よくさせるためには鉄分ばかりを摂取させるより、ビタミンCと一緒に摂取させる事が大切です。ビタミンCといえばレモンのように酸っぱい食品を思い浮かべる人も多いかと思われますが、柿やイチゴ、野菜など多くの食品に含まれています。

 

食事の献立を考える際は、鉄分を補える食品と共に、ビタミンCが含まれている食品も合わせて出してあげると良いでしょう。子供がなるべく楽しくおいしく食べられるような工夫をするのもおすすめです。

 

<鉄分不足は不調が出やすいので割と判断しやすい>

 

子供の鉄分不足は体への不調が出やすいので割と判断しやすいのが特徴です。特に立ちくらみやめまいといった貧血の症状がよく現れたり、子供の顔色が悪い・体調が悪い・だるそうにしているといった事が顕著に現れた場合には内科などで血液検査を受けさせると良いでしょう。

 

血液検査をさせると貧血だけでなく色々な体の状態がわかります。ヘモグロビン濃度なども調べられますので、正常値を下回っていれば鉄欠乏性貧血であると医師が教えてくれるはずです。

 

医療機関に受診した結果鉄分不足による貧血であるとわかれば、医師から生活面でのアドバイスを受ける事ができますし、重症な場合は適切な治療を受ける事ができます。また、上記で挙げたように食生活の改善をし、体に必要な鉄分などの栄養素を積極的に摂取していかなければなりません。

 

貧血には色々な原因があります。鉄分不足と思われる不調が長く続く場合には、医療機関で血液検査してもらうと安心できます。

 

子供の鉄分不足一つとっても親御さんにとっては解消するために大変な思いをしなければならない事があります。ですができる事を一つ一つコツコツとやっていけば良いのです。あまり毎日完璧にやろうとするととても大変ですから、時には子供用サプリメントをうまく活用して手間をショートカットするのも悪い事ではありません。

 

子供の鉄分不足は食事だけで几帳面に補おうとしなくても良いのです。忙しい最中に出来る事をお子さんにしてあげてください。